「みんないっしょがあたりまえ!! ほんとのインクルーシブ教育とは?」に参加しました (平成30年(2018年)7月21日)

  • 「どの子どもも排除されず多様性を尊重することは、さまざまな具材が入ってもおいしい”お好み焼き”のようである」と、インクルーシブ教育について語る一木玲子氏。

  • 第2部のシンポジウムでは、永見理夫市長と是松昭一教育長も参加し、当時者の方たちと意見を交換しあいました。

その他のフォトギャラリー

このページの上部へ